不動産情報

家を売却する前に知っておこう!売却にかかる期間や手順まとめ

マイホームの売却を予定している人や、今後売却しようかなと考えている人。
「一体何から始めたらいいの?」と疑問を持つ人も多いと思います。

特に知っておくべきことと言えば、不動産の売却の流れや、どれくらいの時期がかかるのかという点です。

あらかじめ準備しておかなければ、思わぬトラブルが起きてしまう可能性もありますので、不動産売却についての基礎知識を付けておくのが身のためです。

そこで今回は、売却にかかる時期をはじめ、不動産売却の手順について解説していきます。
大まかな流れを知って、よりスムーズに売却活動を進めていきましょう。

売却にかかる期間は?

家を売るときにかかる期間は、業者選びから引き渡しまでで「約3ヵ月~6か月」と言われています。

最も長く期間かかると言われているのが、やはり販売活動にかかる期間です。
早ければ1か月で買い手が見つかるときもあれば、なかなか買い手が見つからない場合は3ヵ月以上もかかる場合があります。

3ヵ月以上経っても音沙汰がないという場合は、仲介を依頼する不動産会社を変更するか、相談して売却額の減額を検討してみるのも方法のひとつです。

その他、内覧の準備や契約、引き渡しの準備、決済などを含めると、1か月~2か月かかるのが一般的です。

マイホームの売却に期限がある人は、少なくとも半年前からは売却活動を行っておくのがベストと言えるでしょう。

売却の主な流れ

では続いて、家を売却するまでの主な流れを見ていきましょう。

引き渡しまでの過程は、以下の6つの手順となります。

  • 仲介不動産会社と媒介契約を結ぶ
  • 売り出し・内覧準備
  • 販売活動(1ヵ月~3ヵ月)
  • 売買契約
  • 引き渡し準備
  • 決済・引き渡し

ここまで6つの手順を終えるのに約3ヵ月~6か月となります。
詳しい内容をまとめてみました。

仲介不動産会社と媒介契約を結ぶ

マイホームの売却を進めるにあたって、まずは複数の不動産会社に査定をしてもらいます。
この時に、一括査定サイトを利用すると、複数の不動産会社が比較しやすく、よりスムーズに優良な不動産会社を見つけやすくなります。

不動産会社を選ぶポイントとしては、

  • 大手と地元の不動産会社の両方で査定してもらう
  • 査定額が高いだけで選ぶのは危険
  • 保証サービスや実績が多い不動産会社を選ぶ
  • 専属専任媒介契約を強く勧めてくる不動産会社は危険

となります。
ここまでは約1週間~2週間で決めるのが理想です。

売り出し・内覧準備

業者選びが終わって媒介契約を結んだら、購入希望者が内覧しにくるための準備を始めます。

主に行う作業は、

  • 広告の制作
  • 部屋の掃除やハウスクリーニング

内覧者に買いたい!」と思わせるための内覧ですので、できるだけ中古感が出ないように綺麗に清掃しておきましょう。業者にハウスクリーニングを頼むのも方法のひとつです。

  

販売活動(1ヵ月~3ヵ月)

売り出しが始まれば、不動産会社は販売活動を始めます。

不動産会社が行う主な活動としては、以下となります。

  • 指定流通機構(レインズ)への登録
  • 宣伝、広告作成
  • 広告活動
  • 内覧実施

買い手を見つけるために家をPRしていきます。

なお、一般的には3ヵ月~6ヵ月という期間となっていますが、物件や販売活動の内容によっても異なるので、必ずしも半年以内で売れるという訳ではないので要注意。

売買契約

販売活動の結果、買い手が見つかれば、売買契約が成立となります。

売り手も買い手も、この時が最も重要な時です。
契約後のトラブルを防ぐためにも、法律に則った、双方が納得のいく条件の契約を交わします。

売買契約書の読み合わせや、手付金の支払いはこのタイミングで行われます。
なお、それぞれ必要書類や印鑑などを持参する必要があるため、前もって不動産会社に確認を取っておきましょう。

引き渡し準備

無事売買契約を終えると、約1ヵ月の空白期間が設けられていることが一般的。
この時、買い手はローンの審査待ちや、引越しの準備を進めます。

売り手側は、

登記済証や固定資産税納付書、管理規約やパンフレットなどの必要書類を用意しておく期間となります。漏れがあれば引き渡しができないケースもありますので、必ず漏れがないか念入りに確認しておきましょう。

なお、売買契約後であっても、引き渡し前であれば契約をキャンセルされる可能性もあるということを理解しておくことも重要です。

買主から契約解除を申し出る場合は、手付け金を放棄し、反対に売主側から契約解除を申し出る場合は、手付け金の2倍を買主に支払います。

決済・引き渡し

引き渡しと決済に関しては、平日の午前中に銀行の一室を借りて行われるのが一般的です。

ここで行われる流れとしては、以下となります。

  • 本人確認と必要書類の確認
  • ローン融資を行う(買い手)
  • 税金などの精算
  • 領収書の発行
  • 仲介手数料の支払い
  • 売り手のローン返済残債がある場合は返済の手続き
  • 抵当権抹消の登記(司法書士が同席)
  • 重要事項説明書、鍵の引き渡し
  • 司法書士への報酬の支払い(売り手)

まとめ

上記が主な売買契約の流れとなります。
大まかな流れは理解していただけたと思います。

販売活動の長さによっては全て完了するまでの期間が変わってきますが、3ヵ月以上も音沙汰がない場合は、媒介契約を見直し、売却価格を減額するという手段を取りましょう。

ただし、安易に大幅な減額に応じてしまうのは危険ですので、ローン残債なども踏まえたうえで慎重に判断することが重要です。