不動産情報

不動産売却の仲介手数料はどれくらい?注意点・計算方法を伝授!

不動産を売却する際には、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。
その中で、不動産売却にかかる費用として最も負担が大きいのは「仲介手数料」

仲介手数料には、上限や計算方法があるというのをご存知でしょうか?
この仕組みを知っておくことで、売却時の費用が抑えられ、手元に残るお金を多くできるかもしれませんよ。

そこで今回は、不動産売却の時の仲介手数料について詳しく解説していきます。

仲介手数料は成功報酬

不動産売却時に、不動産会社に仲介を依頼しますが、この時、不動産会社に支払う費用のことが「仲介手数料」と言います。

ただ、この手数料は媒介契約を結んだ時に支払うのではなく、実際に買主が見つかり売買が正式に成立した際に支払うもの。つまり「成功報酬」という訳です。

そのため、媒介契約を結んでも結果的に家を売ることができなければ、仲介手数料を支払う必要がありません。

また、不動産会社が直接買い取ってくれる場合に関しても、仲介とは言えないので、仲介手数料を支払う義務はありません。

仲介手数料はどれくらいかかるのか

仲介手数料は、不動産会社によって自由に決めることができるので、お店によって金額が異なります。

しかし、法律で上限額が定められているので、必要以上にかかることはございません。

また、仲介手数料は売買価格によって料率が異なるので、具体的に見ていきましょう。

仲介手数料の計算方法

  • 売却価格が200万円以下:5%
  • 売却価格が200万円超400万円以下の部分:4%
  • 売却価格が400万円超:3%

それぞれ合計した後に、消費税をプラスしたが額が、仲介手数料の条件となります。

このように、仲介手数料の料率は3段階に分かれており、例えば売買価格が2,000万円の物件の場合は、仲介手数料は税込み712,800円となります。

仲介手数料の速算表

不動産の売却価格は、400万円を超えることが多いと思います。
その場合は、以下の速算表に則って簡単に算出することができるようになっています。

  • 売却価格が200万円以下:5%+(消費税)
  • 売却価格が200万円超400万円以下の場合:4%+2万円+(消費税)
  • 売却価格が400万円超の場合:3%+6万円+(消費税)

売却価格が2,000万円の場合の速算式は、

【2,000万円×3%+6万円=66万円+(消費税)】

となります。

仲介手数料の支払いタイミング

仲介手数料を支払うタイミングは、契約締結度となります。
パターンは以下の3つが挙げられます。

  1. 契約時に一括で支払う
  2. 決済引き渡し時に一括で支払う
  3. 契約時に半額、引き渡し時の残りの半額

これらは契約の際にも定める内容ですので、不動産会社とトラブルにならないよう、あらかじめ支払いのタイミングについて聞いておきましょう。

また、支払いは現金が一般的ですが、中には分割払い、クレジットカード払いにも応じている業者もありますので、支払い方法もあらかじめリサーチしておきましょう。

仲介手数料が無料・半額になる場合もある?

仲介手数料は、あくまで上限が定められているだけなので、不動産会社によっては自由に半額・無料にすることもできます。

しかし、仲介手数料は不動産仲介会社の収入源なので、「本当に無料で大丈夫?」「何か裏があるのでは?」と心配に思う人も出てくるでしょう。

なぜ無料や半額にできるのかというと、不動産会社は売主だけでなく買主を自社で見つけて双方で媒介契約をすることができるのです。

そうすることで、売主からも買主からも仲介手数料を取ることができるのです。
そのため、早く売りたい場合などには、どちらかの仲介手数料を無料・半額にするという打ち出し方もあるという訳です。

まとめ

仲介手数料は、売却価格によって上限が変動するということと、契約が成立してから支払う成功報酬ということがわかりました。

当然ですが、仲介手数料を払うということは手元に残るお金が少なくなるので、売却価格だけで考えずに、仲介手数料もかかるということを頭に入れておきましょう。

また、仲介手数料を支払うタイミングや支払い方法については、必ず事前に確認しておくことが重要です。